エイダコイン買い方を動画付きで解説!

menu

エイダコイン買い方

エイダコインの今後・将来性は?国内上場がなかなかないのはなぜ?

エイダコインの今後はどう予想されているのか?将来性はどうなのか?
についてまとめていきたいと思います。

もちろん未来のことは基本的には「誰も分からない」ことには変わりありませんので
未来についてはどんな情報も妄信しない、というのは私も心に誓ってやっています。
基本はそういった情報を吟味したうえで、自分未来を決断するという流れが正しいです。
結局何かを妄信するのは自分の責任を放棄しているのと同じですので
しっかり情報を吟味して自分自身で覚悟をもって決断していきましょう!

エイダコインはイメージが混乱しているんだよね
変な売り方した人がいるからね!でも中身を知るとヤバイって思うよ

エイダコインの今後・将来性は?

エイダコインの今後、将来性については
まず詐欺コインではないことは確定されているということです。

細かい技術的な話は違う記事で触れていますので、ここでは触れませんが
コインを見るに当たっては基本的に
「チームメンバー」が大丈夫か?
「現実的か?」
「将来性・実用性があるのか?」

という3点です。
この3点に関して全く問題はなく、あとは他のコインとの競争の中でどうなっていくかということになるでしょう。
優位性はたくさんあるので、個人的にも期待していますが、もちろん未来のことに絶対はないので、
技術が高く、優位性のあるものにかけて、覚悟をもって投資するしかありません。

エイダコインの今後が期待できる根拠を並べると以下となります。

1、イーサリアムの開発者であるIOHKの天才数学者・チャールズ・ホスキンソンを始め世界最高峰の技術者が集まりADAを開発している
2、カルダノテクノロジーは、他のビットコインに乗せただけとかの技術ではなくて0から作られた技術性の高いブロックチェーン
3、ハスケルという超難解なプログラミングで出来ている
3、カルダノ財団という大きな財力をもったバックがあること
4、IOHKはソフトウェア工学に関する国際会議であるASE2017のスポンサーにもなっている権威性ある企業といえる
5、数少ない量子コンピュータ耐性があるコイン。盗まれない安全性が最も高いとされるダイダロスウォレットも開発済
6、POWではなくウロボロスであるPOSを採用。預けるだけでマイニングしてくれる
7、プラットフォームも既にある。しかも技術性も高い
8、上場してほんの数か月で時価総額5位達成 バイナンス並みに早い
9、学術論文として初めて認められた仮想通貨技術でもある
10、第三世代暗号通貨である。仮想通貨3.0と言われ、簡単にいえば、ビットコイン+イーサリアム、という機能を持つ(誤解されるかもしれないが)
11、実社会での多様な商取引を想定していて、かつ法律に柔軟に対応できる設定になっている
12、将来、デビットカードにも対応し、実際のお金のように使うことが出来るようになることが想定されている
13、老舗の格付け会社であるWeiss ratings暗号通貨格付けにて、12月には1位、5月で2~5位あたりを推移
14、MOX社(台湾)、CHINACCELERATOR社(中国)と
パートナー提携締結
16、 “シェリー”が開発リリース、実装された段階で完全な形で機能する通貨となるとチャールズが証言

絞って言うとこういったところでしょうか?
技術的にしっかりしてない通貨は多いもので、ブロックチェーンなんてイーサリアムやビットコインの上に乗せただけの
それだったらビットコインやイーサリアムで済むのでは??というコインだらけの中
ADAは、0からのオリジナルのもので、技術的にはイーサ、ビットコインを超えていると言われています。

ビットコインでいいんじゃね?っていうコイン多いよねー

つまり、差別化が完全にされている、第三世代の完全オリジナルコインということで
非常に将来性があると言えます。
量子コンピューター対策もされていることから、安全性はかなり高いと言えるでしょう。

量子対策されているコインは少ないからね!絶対にある時にかなりすると思うよ

エイダコインの国内上場がまだない理由

これについては私も不思議に思っていて、知恵袋などの質問サイトで何回も聞き、詳しい人にも聞きましたが
明確な答えが得られなかったというのが正直なところです。
問題になる前のコインチェックに上場してもおかしくなかったですよね?

また、4月にビットフライヤーに上場するのでは?なんて噂もありましたが、結局リスクが上場したので
恐らくただの人の推測にすぎなかったと思います。
代理店の人が交渉していないのか?など気になるところではありますが、回答を得れていません。

ひとつ予想するならば、「匿名性を問題視された」と「理解できない」の2つかと思います。
実際匿名性はコントロールでき、各国の法律に柔軟に対応できると言われています。
また、ホワイトペーパーが学術的で非常に難解で、読もうとすると普通に折れます。

本当に難しい。もしかしたら分からないことを言って煙に巻いているのでは?と疑う人もいるくらいです。

しかし、前述したようにエイダコインはかなり技術的にも高い、仮想通貨第3世代なので、BTCやETHの位置をひっくり返す可能性を秘めています。

変な売り方したイメージのせいじゃないの??

みんなの予想!あくまで参考に

*未来予想は誰も正確にできません。あくまで皆さんがどう考えているのかを参考にする程度でお願いします。

まとめ

いかがでしょうか?
エイダコインを投機的にだけ見ると分からなかった部分がかなり見えてきたと思います。
実際、論文としてしっかり学術的に認められたものだけ技術に採用されて動いているので
技術的に信頼性が高いのはもちろん、仮想通貨3.0の機能を有しているので
実現していく中で需要と地位を高めていく可能性は非常に高いと私も思います。

リップルはあくまで送金に特化していますので、限界を感じます。もちろん銀行に採用されているという強みはありますが
需要範囲を考えると限定的です。

需要範囲の広がりを考えるとエイダコインの汎用性はかなり広いものとなり、セキュリティも高いことから
これこそ真に求められている暗号通貨ではないのか?とさえ思ってしまいます。

正直、真にすごいものは我々一般人は本当に理解することが出来ません。
例えばダイダロスウォレットのセキュリティの凄さが明確に分かるということは、
同時にセキュリティを破れることに等しいです。

エイダコインは一般人では理解できない部分があるものの、きちんと学術的に裏付けされているので
良い意味での理解できない、ということになります。

長期的には1320ドルになるなんて人もいますが、いったいどうなるか?(投機的な話に戻ってしまいましたが)
楽しみに底値で買って待っていたいと思います。

実際、ビットコインって技術的には遅れをとっているんでしょ?

エイダコインの買い方で最もお得な方法を動画解説で開設!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。